環境保護・保全のための活動

環境リーディングカンパニーを目指して

人々の安全・健康と自然のいとなみを尊重し、環境に調和する技術や事業活動を通して、社会や環境に貢献。企業市民として具体的な活動につなげるための理念や方針をご紹介します。

オリンパスグループ環境方針

オリンパスグループは、経営理念に掲げている「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」をすべての活動の基本思想としています。当社はこの基本思想のもと、人々の安全・健康とそれを支える自然のいとなみを尊重し、製品・サービス、あらゆる事業活動において環境との調和と、経済を両立した取り組みを通じて、持続的発展が可能な社会と健全な環境の実現に貢献します。

1.全員参加
従業員一人ひとりが環境活動に対する理解を深め、地域特性を考慮した環境活動に全員参加で取り組みます。
2.環境経営の推進
グローバルでの体制と仕組みを維持し、環境活動を継続的に改善します。
3.法規制・社会規範の遵守
環境に関する法令、ステークホルダーとの合意事項や自主基準を確実に遵守します。
4.環境負荷の低減
汚染の予防、持続的な資源の利用、気候変動の緩和と適応、生物多様性の保護といった環境課題の解決に向けて、製品・サービス、事業活動を通じて環境負荷を削減します。
5.環境と調和した技術の開発
環境保全に資する技術を開発し、その成果をものづくりのプロセスや製品・サービスに活かしていきます。
6.環境コミュニケーションの重視
環境活動の社内外への情報発信を積極的に進め、ステークホルダーとの相互理解に努めます。

地域・自然・環境への配慮

地球環境に与える影響を低減させる「環境配慮設計」とBCPを可能にする「免震構造」

会津オリンパス外観図

2009年に完成した新社屋は、医療機器の生産拠点として今後のモデルケースとなるような環境配慮や災害対策を盛り込みました。

  1. 地球温暖化防止に寄与する太陽光発電/太陽光集熱パネルを屋上と壁面に設置、夜間電力を利用し2,000tの冷水を蓄え日中の冷房に用いる冷水蓄熱塔などを設置しました。
  2. 福島県の生産施設としては初めての免震構造を採用し大地震等の各種災害に対する事業継続計画(BCP)を可能にしています。

地球温暖化の防止(CO2排出量削減)

Fun to Share

  1. 省エネ生産設備の導入と生産性向上による省エネの取組み、クールビズ・ウォームビズの積極的な取組みなど、徹底したCO2排出量の削減を行っています。
  2. 2009年4月からはマイカー通勤からバス通勤への転換を推進し年間 約400t-CO2の削減に繋げ、国土交通省創設のエコ通勤優良事業所認証を福島県第1号として受けました。

医療用内視鏡製品の環境配慮

「ECO-PRODUCTS」ロゴマーク

「環境保全・安全性」「省エネルギー」「省資源」の環境配慮の観点からオリンパス独自の設計基準を設け、積極的にエコプロダクツの創出に取り組んでいます。

ISO14001認証取得

環境への取り組みを積極的に行う会津オリンパスは、1998年10月に国際的に通用する環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得。製品同様、世界に通用する生産環境を整えています。

ISO14001認証