採用情報
  • 採用情報トップ
  • 技術を活かせる仕事
  • 求める人物像
  • 先輩+1インタビュー
  • 画像技術グループ
  • 製品開発グループ
  • 総務グループ
  • 特別編:大先輩
  • 会津の紹介
  • 募集要項 新卒採用
  • 募集要項 キャリア採用
  • 採用スケジュール
  • 福利厚生
  • 教育制度
お問い合わせ

技術を活かせる仕事

可能性は無限大。力を存分に発揮できる幅広い活躍の場があります。最先端医療を支え、世界中の人々の生命につながる“ものづくり”

オリンパスグループは、消化器内視鏡で世界シェア約70%を誇る世界トップクラスのブランド。
会津オリンパスはその中核で、“人にやさしい医療をリードする”をスローガンに掲げ、世界の人々の健康を支え医療に貢献し続けることで、尊敬と信頼を得る企業となることを目指します。
そのためには、進化し続ける最先端医療を支える内視鏡を「構想」から「製品」へと具現化し続けることが必要で、前例のない発想や加工技術を駆使したものづくりが求められます。 また、世界の医療をターゲットとしていますから、最前線の医師たちとの情報交換や、海外への技術提供・指導の機会も少なくありません。
ここで活躍できる可能性は無限大。技術力を存分に発揮し、最先端医療を支える“ものづくり”をしませんか?

設計から製造・サービスまで、広く深く活躍できるフィールド

会津オリンパスは、オリンパス株式会社との連携により、医療用内視鏡の開発から製造、サービス技術支援までを一貫して行っている創造完結型工場です。
医療用内視鏡は、現代の低侵襲治療に欠かせない製品。そんな内視鏡の開発段階からものづくりに携われるチャンスが、ここにあります。工程等のマネジメント、検証、製造、市場調査に至るまで業務フィールドは幅広く、医療に夢を抱く技術者が日本中から集結します。会津気質とよばれる勤勉かつ実直な風土と調和を保ちながら、世界随一の内視鏡生産工場として、日々たゆまぬ努力を続けています。

会津オリンパスの幅広い担当領域
会津オリンパスの幅広い担当領域 生産技術 設計支援技術 改善技術 具現化技術
会津オリンパスの幅広い担当領域
ページトップ

具現化技術

あきらめない熱意と情熱。顧客が求める仕様を実現し期待に応える技術フェーズ。

設計検討&審査

オリンパス株式会社のマーケティング及び開発部門より、新製品に関する要求仕様と基本的なデザインを受け取り、量産に向けた詳細設計を開始。設計した図面は、開発、購買、工場技術、製造、サービス等の有識者にて徹底的に審議され完成度を高めます。

設計検討&審査

機能・性能検証

設計した部品をスコープに組立て、要求された機能及び品質基準に到達するか検証を繰り返します。必要に応じて設計を見直す場合もあります。

機能・性能検証
ページトップ

生産技術

試作から量産へ。安定して生産できる製造工程を確立する技術フェーズ。

高精度レンズ加工

内視鏡に不可欠の微細で高精度なレンズ。この多品種少量生産を実現するために重要な役割を果たす生産設備も、独自のノウハウで開発します。

高精度レンズ加工

高精度機械加工

設計した部品をスコープに組み立て、要求された機能及び品質基準に到達するか検証を繰り返します。必要に応じて設計を見直す場合もあります。

高精度機械加工
ページトップ

設計支援技術

多品種少量&同時立ち上げへの挑戦。設計ツールを駆使し、開発計画実現を目指す技術フェーズ。

設計/シミュレーション技術の活用

内視鏡の設計及び検証には3D設計ツールが不可欠であり、効率的な検証を実現するにはシミュレーション技術も充実させる必要があります。多品種同時立ち上げに向け、常に効率の追求を進めています。

設計/シミュレーション技術の活用

新人研修&技術情報交換会

開発力、技術力を継続的に維持して行く上で、若手技術者育成は非常に重要です。若手達は数ヶ月に及ぶ厳しい専門教育を受け、一人前となり活躍してゆきます。また各部署で培った技術情報の共有を図るため、頻繁に技術情報交換会が開催されています。

新人研修&技術情報交換会
ページトップ

改善技術

目指すは製造革新。常にQ.C.D.の向上を追及する工程改善の技術フェーズ。

工程改善プロセス(会津新生産方式の実現へ)

会津新生産方式を掲げ、一人生産、一個生産、一貫生産の完全実現に向けて工程改善・製造設備改善を行っています。

工程改善プロセス(会津新生産方式の実現へ)

海外拠点との情報交換

内視鏡修理拠点は世界中に展開されています(アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、中国等)。技術指導をしつつ海外のもの作り文化を学ぶ事が、改善のヒントとなります。

海外拠点との情報交換
ページトップ