採用情報
  • 採用情報トップ
  • 技術を活かせる仕事
  • 求める人物像
  • 先輩+1インタビュー
  • 画像技術グループ
  • 製品開発グループ
  • 総務グループ
  • 特別編:大先輩
  • 会津の紹介
  • 募集要項 新卒採用
  • 募集要項 キャリア採用
  • 採用スケジュール
  • 福利厚生
  • 教育制度
お問い合わせ

福利厚生

仕事も遊びもフルスロットルで充実!全力のコミュニケーションが、明日につながる絆を生み出す。会津オリンパスは人間尊重の理念を礎として成長してきました。教育研修を重視する姿勢も、福利厚生の充実もそのひとつ。みんなで楽しむクラブやイベント活動等で生まれた絆は、仕事でも必ず生きるはず。楽しむときには徹底的に楽しむ明るさが会社の勢いとなり、明日への意欲へつながっていきます。

社内イベント

会津オリンパスは、社内行事もとことんやります!例えば「社員旅行」は、事前に幹事が必ず下見をするという徹底ぶりです。毎年の「新入社員歓迎会」も「新入社員をいかに楽しませるか?」が練り込まれた、凝った企画が満載。社員や家族の健康づくりと、阿賀川河川敷のクリーンが目的の「健康クリーンウォーク」の後には、バーベキュー大会のおまけつき・・・と、どのイベントもエンタメ精神がたっぷりなのです。

・社員旅行(2年おき) ・健康ウォーク ・新入社員歓迎会 ・健康クリーンウォーク ・会津秋祭り参加 ・ミニ旅行
社員旅行健康クリーンウォーク

クラブ活動

スポーツ系から和太鼓・応援団と、クラブ・同好会活動も非常に活発です。しかも、卓球は全国大会出場、陸上は全国大会入賞、サッカーは県社会人リーグ1部…と実力も十分。
ゴルフ同好会やアウトドアクラブは年齢性別を問わず人気があり、不定期にイベントを開催して楽しんでいます。和太鼓部は会津秋祭りの華・帰陣式を飾るほどの腕前で、海外VIPドクターのもてなしや老人ホーム訪問など幅広く活動しています。

・卓球部 ・野球部 ・和太鼓部「会津翔耀太鼓」 ・サッカー部 ・陸上部 ・応援団 ・ゴルフ同好会 ・バレーボール部 ・アウトドアクラブ 他、各種同好会あり
和太鼓部バレーボール部

施設

2009年4月に新社屋が完成し、施設面はこれまで以上に充実しました。 最上階に設けられた社員食堂は、会津の山並みが一望できるリラックススペース。新入社員歓迎会が開催できる十分な広さを有します。
リフレッシュルームも各階に新設され、仕事にメリハリをつけやすい職場環境を実現。また、敷地内には体育館を有しており、イベントにクラブ活動に大いに活用されています。

・会津工場厚生棟 ・北会津工場厚生棟 ・総合研修センター(体育館) ・研修施設 翌檜館 ・駐車場 ・男子寮 ・社員食堂 ・リフレッシュルーム ・喫茶コーナー ・売店 ・プレゼンテーションルーム ・社内CD機 ・提携保養所 全国各地
社員食堂売店

保険・各種制度

社員の生活を側面から支える社会保険や各種制度も充実。
将来にわたって安心して暮らすため、様々な面からサポートしています。

【保険】健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険 【制度】財形貯蓄、社員持株制度 退職金制度 各種健康診断
健康管理室

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくる(イメージ)

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定しています。

計画期間 平成27年4月1日~平成30年3月31日
内  容
目標1
出産・育児、介護 に関連する休暇等、制度の活用促進を図る。
対 策
制度説明用の冊子を作成し、従業員向けにより分かりやすく周知を図る。
実施時期
平成27年10月以降
目標2
年次有給休暇を見直し、より取得しやすい制度とする。
対 策
時間単位年休制度を拡大する。
実施時期
平成27年4月1日
目標3
従業員が、育児のために利用しやすいサポート制度を検討する。
対 策
全従業員対象のアンケート結果を踏まえ、従業員ニーズに沿った制度の導入を図る。
実施時期
平成27年4月以降
目標4
若年者に対する就業体験機会の拡大を図る。
対 策
インターンシップの受入拡大を図る。
実施時期
平成27年4月以降

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

女性の個性と能力が十分発揮できる(イメージ)

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しています。

計画期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日
当社の課題

採用時における男女比率、男女の勤続年数に大きな差は見られないが、管理職(課長級)に 占める女性割合が低い。

目標 管理職(課長級)を見据えた係長級を担う女性の人数を、現状の2倍とする。
取組み内容と実施時期

平成28年4月~
女性社員を対象として、監督職育成を目的とした研修への積極参加を促す。

女性の活躍に関する情報

採用した労働者に占める女性労働者の割合:41.3%(2014年度実績)
ページトップ